TearsSwitch

弱い自分を変えたかったらとりあえず熊本県にある3333段の石段を登ってみることをオススメしますよ

クリエイターblog
米田 真介 米田 真介
2014.04.08
米田RPG経験値会社のことやクリエイティブなことは追々書き足していくとして、自分の経験値にあるものを記録して誰かの為になればとブログを書いています。 心が弱かったわたくし、ヒッチハイクで半年の間に乗せていただいた車の数は自分のメモによると216台。 ……ハート強くなったなぁとかではなく……他力で旅をさせていただいた訳ですが、しかしながら自分自身の足でめちゃめちゃ頑張った日もあるわけです。 頑張るという言葉。いい言葉です。でも言い過ぎると凶器に変わります。 頑張る≒努力でもあるのだと思いますが、「頑張れない」「努力が続かない」という方はかなり多いんじゃないでしょうか?

なぜだか陥る不思議な状態

  • ・アレやろう。そう思ってずっと放置しているものがある。
  • ・これは得意分野じゃないから。そう言ってずっと逃げているものがある。
  • ・明日からダイエットする。そう決意したのにお腹周りについている脂肪がある。
  • ・俺はまだ本気出してないだけ。いつになっても本気を見れないので自分も周りも\(^o^)/
私の周りでもよくこういう方を見かけます。 なんでああなるんでしょうね。自分も気を抜いたらそうなるのでよくわかります。 これって自分も周りも一切幸せになりませんよね。。。 真面目な話をすれば小さな成功体験を積み重ねられるようにするとか、とりあえず歩いてみるとか科学的な論拠があっての対処法はあるんですが、そんなのは抜きにして、私が行った日本の素晴らしい場所に遊びに行きながら自分の弱い心を鍛え直す方法を教えます。

タイトル通り熊本県にある日本一の石段の3333段を登れ

日本一の石段3333段いやもう、コレ半端ないっすよ。これ登ったら勝手に根性つきますわ。 少しは強なりまっせ。 自分の当時のブログを引っ張ってきて色々思い出してきましたが、、、 1000段でも結構なもの。 いや、そんなん余裕やろ。普段の生活でも数百段は必ず昇り降りしてるしなぁとおっしゃる皆さん。 連続で千段レベルの魔物を相手にする恐怖を思い知るがいい。 あと、体力に自信あるって人は1時間以内に登ってみせるって目標がちょうど良いと思います。 バックパック旅の時は調子に乗ってこんなバックパック背負って行こうとしましたが、100段で死亡。 でもさらに調子乗って最速で駆け上がってたら話しかけられても「は、はひぃ。。。どうぅうぅし、、はぁ、はぁ、、たんですぅ、、か?」みたいになりましたから、自分のペースで頑張りましょう。 日本一の石段途中延々とこんな感じの自然と石段が続きます。 日本一の石段めっちゃしんどいはい、正解。当然こういう方が量産されていきます。 ちなみに当然足がガクガクブルブルになるんですが、忘れては行けないのは当然帰りも同じだけ石段を降りなくてはいけないということ。 絆を試すために友人同士や恋人同士でいかがでしょうか? 夫婦で行くと喧嘩すると思うので、オススメしません。 三千段目頂上の景色はどんなものか。 そりゃ〜とても気持ちの良いもので素晴らしいのですがご自分の眼で、身体で体験して下さい。 それが体験出来たらちょっと頑張れる自分、努力を続けられる自分に近づけるかもしれません。 暑くなる前の時期に行くのが一番良いと思います。 これからの季節ちょうどよさそ〜。 日本一の石段、3333段の情報はこちら。 当然、翌日に筋肉痛は必至です。ちなみに自分は2〜3日パンパンでした。 以上、誰の為になるかわからない、ちょっと旅したクリエイターからの情報でした。
米田 真介
米田 真介

1984年、大阪城下に生まれ落ち大阪で育った次男坊。コンピュータ専門学校を卒業後、広告制作会社に3年間勤務。
その後、FinalFantasy Xというゲームで泣きまくって人生を変えられ、高校時代からの夢であった旅を決行し、半年間ヒッチハイクで47都道府県を駆け巡った後にWeb&デザイン会社(TearsSwitch LLP)を起業。
「WEB事業の拡大とチャンバラの手伝いをさせる為」であると共に"当時お金持ち"だった「赤坂のお金目当て」で共に株式会社TearsSwitchを立ち上げる。
チャンバラ合戦-戦 IKUSA-を展開するNPO法人ゼロワンの理事長でもある。『オンラインゲームの世界を現実化』させる夢のため、プログラム、デザイン、カメラ、地域活性化、コンサル、開発など新しいことを何でも満足するまでやるので気がついたら顔がゴボウになっている毎日。でも、母さん。僕は元気です。