TearsSwitch

Webコンサルティングとは?その内容と費用(料金)についてお伝えします

ディレクターBlog
タグ webコンサルティングアクセス解析費用リスティング広告SEO対策
米田 真介 米田 真介
2017.01.04
「ホームページを作ったけど、なかなか成果が出ない」というお悩みを抱える企業の広報担当者や、中小企業の社長はたくさんいます。

 

そんなお悩みを解決してくれるのが、Webコンサルティングのサービスです。
しかし、Webコンサルティングについて詳しく知らない方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

 

「Webコンサルティングってどんなことをしてくれるの?」
「Webコンサルティングって料金が高そうだな」

 

などなど。

 

そこで今回は、Webコンサルティングの内容と費用(料金)についてお伝えします。

 

そもそもWebコンサルティングって何?

people-plannning-web-consulting Webコンサルティングとは、企業や個人のWebサイトの現状を分析して課題を洗い出し、その解決に向けた施策を提案・実施するサービスです。
しかし、一口にWebコンサルティングと言っても、その中にはさまざまなサービスが含まれています。そこでWebコンサルティングの利用を検討する前に、それぞれのサービスの内容について知っておきましょう。

 

Webコンサルティングの代表的なものとして、

 

・SEO対策
・リスティング広告
・アクセス解析
・Webサイト(ホームページ)の現状把握
・メールや対面相談を含む総合的なコンサルティング

 

などのサービスが挙げられます。順番に詳しく説明していきます。

 

SEO対策とは

seo-advertising SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとって略語で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」です。検索エンジンが最適化されると、自社の製品やサービスに関係あるキーワードをYahooやGoogleで検索をした際に自社サイトが上位に表示されます。すると、自社の情報にたどりつく人が増え、売上や認知度アップにつながるのです。つまり、SEO対策をする目的は、YahooやGoogleで検索をした際に自社サイトが上位に表示されることなのです。

 

リスティング広告とは

web-Advertisement リスティング広告は、別名を検索連動型広告といいます。設定したキーワードが検索された結果画面の上部や横側に、自社のWebサイト・Webページ情報を掲載することができます。

 

SEO対策とは違い、広告として検索結果の1ページ目に表示させられる点と、お客様が表示された広告をクリックした場合にのみ広告費がかかる点が特徴です。そのため、比較的早く効果を出しやすい広告ですが、広告を止めることで表示されなくなるデメリットもあります。

 

アクセス解析とは

analyze-web-pv アクセス解析とは、自社のWebサイトへのアクセス数・流入経路・コンバージョン(目標)達成数など、さまざまな数値を確認して現状分析をすることで課題を解決することです。代表的なツールにはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)があります。

 

ツールを使うことで誰でも表面的な数値の計測は可能ですが、Webコンサルティングではそこからさらに踏み込み、実用的なデータをまとめたレポートを作成し、課題解決へ向けた提案まで行います。

 

Webサイトの現状分析とは

thinking-man-computer Webサイトが当初の目的を果たしているか、どれだけ成果を出しているのかなど、現在の状況を分析します。Webサイトは作って終わりではありませんので、現状を正しく分析することで課題を浮き彫りにし、適切な施策を実行するために必要なことを洗い出します。

 

メールや対面相談込みの総合的なコンサルティング

mail-message-computer 上記のサービスを含め、Webサイトの改修や保守を行うものです。一定の効果を見込むには長期的な施策が必要になってくることも多く、メールや電話、対面相談によって、小さなトラブルからテコ入れまで幅広くコンサルティングを行います。

 

以上が代表的なWebコンサルティングの内容となります。

 

次に、費用感について見ていきましょう。

 

Webコンサルティングにかかる費用はどのくらい?

paycheck-fee こちらでは代表的なサービスの相場についてみていきましょう。

 

先ほどのサービスを例にあげますと、以下のような相場となっています。

 

・SEO分析
月額8,000円〜38,000円

 

・リスティング広告
月額5万円・広告費の20%

 

・アクセス分析
月額4万円〜

 

・ホームページの現状把握
月額3万円〜5万円

 

・メールや対面相談込みの総合的なコンサルティング
月額5万円〜45万円

 

費用の相場金額に幅があるのは、Webコンサルティングを行っている会社によってサービス内容や料金体系が異なるからです。会社によって分析までおこなうケース、改善提案までおこなうケース、施策の実行までおこなうケースなど、さまざまとなっております。

 

そのため、Webコンサルティングのサービスを受ける前に、自社に必要な内容を見極めることが大切です。自社サイトを活用してどのようなことを実現したいのか、そのためにどれくらいの予算が用意できるのか、しっかりと社内で検討しましょう。

 

Webコンサルティング利用の目的や予算が決まれば、Webコンサルティングサービスと費用の比較をおすすめします。ほとんどのWebコンサルティング企業は、無料で相談・見積もりを行っていますので、数社間でサービス内容や担当者を比較検討してみるといいでしょう。

 

まとめ

ここまで読んできたあなたは、Webコンサルティングのサービス内容と費用(料金)の相場について少し詳しくなれたのではないでしょうか。Webの技術やトレンド、ルールは年々変化しています。企業の顔ともなる自社サイトを有効活用するには、それなりの知識や技術、情報力が必要となります。自社内でのWebサイト保守点検に限界がでてくれば、有効な策となるのがWebコンサルティングサービスの利用です。

 

今回の記事がWebコンサルティングサービス利用の参考になれば幸いです。
米田 真介
米田 真介

1984年、大阪城下に生まれ落ち大阪で育った次男坊。コンピュータ専門学校を卒業後、広告制作会社に3年間勤務。
その後、FinalFantasy Xというゲームで泣きまくって人生を変えられ、高校時代からの夢であった旅を決行し、半年間ヒッチハイクで47都道府県を駆け巡った後にWeb&デザイン会社(TearsSwitch LLP)を起業。
「WEB事業の拡大とチャンバラの手伝いをさせる為」であると共に"当時お金持ち"だった「赤坂のお金目当て」で共に株式会社TearsSwitchを立ち上げる。
チャンバラ合戦-戦 IKUSA-を展開するNPO法人ゼロワンの理事長でもある。『オンラインゲームの世界を現実化』させる夢のため、プログラム、デザイン、カメラ、地域活性化、コンサル、開発など新しいことを何でも満足するまでやるので気がついたら顔がゴボウになっている毎日。でも、母さん。僕は元気です。

関連記事